コロナ第2波到来 米国株大暴落

21日の米国株式市場では、欧州株安の流れを引き継ぎ、NYダウが続落して始まる👾
下げ幅は一時、850ドルを超え、円相場は1ドル104円ちょうどをつけた。



欧州での新型コロナウイルスの感染再拡大が嫌気され、特にハイテク系や金融系セクターの下げも目立っている💀



ハイテク株は、利益確定売り、セクターローテーションの資金流出が続いている真っ只中。



金融株については、巨額のマネーロンダリングに複数の世界的な大手銀行が利用されていた疑いが報じられ、米銀大手JPモルガン・チェース株やバンク・オブ・アメリカ株が下落を牽引🏦



株安が広がるきっかけとなった欧州では、フランスやスペイン、英国など各地で新型コロナの新規感染者数の増加に拍車がかかっている。



ヨーロッパの冬は厳しく、9月頃から肌寒くなってくるため、ここから季節の変わり目に再拡大の懸念は強い。



本格的なコロナ第2波の到来を感じさせる市場の荒れっぷりだ👹



コロナに対して、若干世界的に楽観ムードが漂っていたため、もう1段、2段の大きな下落に注意しておきたい⚠️



現状、NASDAQは10650ポイント近辺。
短期的な目安としては、200日移動平均線の9500ポイント。最悪、200周移動平均線の7500ポイントまでの下落もありえる。



直近の一時的な調整に対して、コロナ第2波も追い討ちをかけるような形だが、これでハイテク株、GAFAの時代が終わるとは考えにくい。



今こそNASDAQ銘柄、指数を買うバーゲンセール👘



基本は5%下落で買い、5%刻みが怖ければ上記にある移動平均線の値を一つのボーダーとして追加購入がオススメ。
【200日移動平均線:9500ポイント】
【200週移動平均線:7500ポイント】



長期で攻める。


記事が気に入ったら応援クリックよろしく
👇

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村